人のアラを探して売りつけようとする店員

20代の頃は当然若かったのであまり「若く見える」ということは言われませんでしたが、今50代ですが次第に若く見られる傾向にあります。
自分の母親が同じことを言っていましたので、きっと同じ傾向なのでしょう。
店員さんは、何とか不安や人のアラを探して何とか化粧品を売ろうとします。

 

最初は黙って向こうのしゃべることに耳を傾けております。
そうして加齢のことなどから次第に、私の年齢を予想して商品にターゲットを合わせて来ます。
最終段階になり、買わせられそうになったところで、自分の年齢を言ってその化粧品は自分より若い人用だから自分には合わないですね、といって帰ります。

 

向こうは年齢を聞いて驚き、「どんなお手入れをしているのか教えて下さい」と聞いたこともありますが、「何もしていません」で終わりです。

 


このページの先頭へ戻る