話が通じない店員

普段は化粧をしない祖母がファンデーションが欲しいとデパートの化粧品売り場に行きました。
立ち寄ったブランドで祖母がカバー力は必要なく簡単なファンデーションが欲しいと伝えると商品を紹介されタッチアップをすることに。
下地を塗り、勧められたのは保湿力とカバー力のあるクリームファンデーションでした。

 

祖母の希望に合っているかな?と思いつつタッチアップは進み、コンシーラーとチークと口紅をして完成。
祖母の希望と合ってないしやり過ぎだと思いました。
断るも商品を勧めてきて嫌な感じでした。

 

そのブランドを後にし、次のブランドでさっきの出来事を話しメイクを落としてもらいました。
このブランドの店員によるとかなりしっかりカバーしたメイクだったそうです。
ここで下地とふんわりカバーしてくれるパウダーファンデーションを試し気に入ったので購入。

 

希望を伝えたのに違うものを試され少し疲れた買い物でした。


このページの先頭へ戻る